zuk z2 にMoKee71.2(Android 7.1)を焼いてみた

中国製のスマホzuk z2に、MoKee71.2(Android 7.1)を焼いてみました。ネットも通話も快適に使えています。では、その手順一部始終を紹介したいと思います。

zuk z2とは?

zuk z2とは、lenovo傘下のzuk製、いわゆる中華スマホです。snapdragon 820を搭載したハイエンド機であるにもかかわらず、価格は2~3万円とお手頃です。

型名 zuk z2
SOC snapdragon 820
ディスプレイ 1920×1080 有機EL フルHD
RAM 4GB
ストレージ 64GB
OS ZUI2.0(Android 6.0)
SIM デュアル nano SIM
ネットワーク 2G : GSM/EDGE 850/900/1800/1900MHz
CDMA800MHz
3G :lt WCDMA 850/900/1900/2100MHz
TD-SCDMA B34/B39
CDMA2000 800MHz
4G : FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/20
TDD-LTE B38/B39/B40/B41

FDD-LTE B8 に対応しているので、LINEモバイル等のSoftBank系のMVNOと相性抜群です。

ADBを使えるようにする

ADBとはPCからコマンドラインでAndroid端末を操作したりするツールです。こちらの手順について、特に特別なことはないので省略させていただきます。
・[ZUK]デバッグ可能に設定する
・[PC]Android SDKをインストールする
・[PC]USBドライバをインストールする
・[PC]ADBをインストールする

root化を行う

いよいよZUK Z2のroot化を行います。
root化イメージは、端末のシリアル番号毎に異なるので、ZUKのホームページよりユーザ登録を行い、メールでもらう必要があります。

ちょっと罠がありまして、はまりました…(>_<)

手順はこんな感じです。
1.root化イメージをもらう
2.もらったイメージをPCに保存する
3.ADBを使って、ZUK Z2に焼きこむ

まず、root化イメージ申請をお行うWEBページです。
http://developer.zuk.com/bootloader

中国語で書いてあるのでよくわからないですが、とにかくroot化を行うと、一切保証サービスは受けられないよということのようです。
自己責任でできない方は、ここでストップです!
問題ないよという方は「继 续」を押して進みます。

で、色々入力するわけですが、問題となったのは「序 列 号」。シリアル番号のことなのですが…
ZUK Z2の背面にシリアルが書いてあるシールが貼ってあったと思いますが、これを入力してもダメです。
正解は、設定の端末情報のところに書いてあるシリアル番号。
私の場合、シリアル番号は7桁でした。しかし、8桁で入力しないと怒られてしまう…。なんと、8桁に満たない場合は、お尻を0で埋めて8桁にしてあげるのが正解でした。わかるかっ!(怒)

で、ユーザ登録などありますが、なんとなくわかると思うので申請を進めてください。成功すると、「unlock_bootloader.img」というファイルが送られてくるので、ADBをインストールしたフォルダに保存してください。

では、続けてroot化を行います。
DOS窓を開いてカレントフォルダをADBをインストールしたフォルダ(=unlock_bootloader.imgを保存したフォルダ)にします。
さらに、ZUK Z2をつないで、下記コマンドを打ちます。

(Androidが起動している状態から)
$ adb reboot bootloader
(fastbootモードで再起動するのを待つ)
$ fastboot -i 0x2b4c flash unlock unlock_bootloader.img
$ fastboot -i 0x2b4c oem unlock-go

これで、root化が完了しました!

MoKeeのダウンロードとZUKへのコピーを行う

Mokeeのイメージ、GApps(基本のgoogle アプリ一式)、Android Image Kitchenをダウンロードします。そして、Android Image Kitchenを使って、Mokeeにちょっとした修正を行い、ZUK Z2に転送します。ここではまだインストールまでは行いません。

まずMokeeですが、こちらからダウンロードしました。
https://download.mokeedev.com/?device=z2

続いてGApps。
http://opengapps.org/
ARM64、7.1、nanoを選んでください。

最後にAndroid Image Kitchen。
https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2073775
Android.Image.Kitchen.v2.4-Win32.zipをダウンロードします。

次にMokeeの編集です。
MokeeとAndroid Image Kitchenを解凍し、Mokee内のboot.imgをAndroid Image Kitchenを回答したフォルダにコピーします。
boot.imgをunpacking.batにドラッグすると、ramdiskというフォルダができます。その中にあるdefault.propを開き、ro.debuggable=1をro.debuggable=0に編集します。
repacking.batをダブルクリックで実行するとimage-new.imgというファイルができます。これを元のMokeeのboot.imgに戻し、zipで固めます。
注意:このとき、元のMokeeとフォルダ構成が同じになるようにしてください。何も考えないでやると、フォルダ構成が1つ深くなってしまいます!

終わったら、ZUK Z2をPTPモードでつなぎ、適当なフォルダにMokeeのzipとGAppsのzipを適当な場所に転送します。

TWRPのインストールと起動

ZUK Z2にTWRPをインストールし起動します。

まずこちらからダウンロードします。
https://drive.google.com/file/d/0Bya7qL8-ty2zUFJYNDhHUFBrNjQ/view

解凍してできた recovery.img を、ADBのあるフォルダにコピーします。

そして、ADBのフォルダDOS窓を開き、下記コマンドを実行します。
$ fastboot flash recovery -i 0x2b4c recovery.img

これでインストール完了です。

あとは、以降、recoveryモードで端末を起動すれば、TWRPが立ち上がるようになります。

TWRPを使えば、バックアップ、削除、インストールなど、GUIで簡単に行えるようになり、失敗しても文鎮化のリスクがほとんどなくなります!

TWRPでCM13のインストール

下記作業を行います。
・Androidのバックアップ
・Androidの削除
・CM13のインストール

こちらの手順について、特に特別なことはないので省略させていただきます。

root破棄

焼き終わったら、ADBを起動し、下記コマンドを打ち、「su」をリネームしてしまいます。
$ mount -rw /dev/block/bootdevice/by-name/system /sdcard/xxx
$ mv /sdcard/xxx/bin/su /sdcard/xxx/bin/_su
$ mv /sdcard/xxx/xbin/su /sdcard/xxx/xbin/_su
以上で終わりです。MoKeeが起動し、パズドラなどが起動することを確認します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする