Snapdragon 670 まとめ

ミドルハイクラスであるSnapdragon 660の後継の位置づけです。
ハイエンド一歩手前となるSnapdragon 710が既に存在しますが、どちらかというと、これに非常に近い構成となっています。
Snapdragon 660 < Snapdragon 670 < Snapdragon 710 という感じです。

CPU: Kryo 360

CPUは、Kryo 360を搭載しています。
Kryo 360 は、2.0GHzの2コア+1.7GHzの6コア、計8コアのプロセッサです。
Snapdragon 660 の Kryo 260 × 2 に比べ、15%高いパフォーマンスを実現しています。

GPU: Adreno 615

GPUとして、 Adreno 615 を搭載しています。
Snapdragon 660 の Adreno 512 に比べ、レンダリング性能が従来よりも最大25%向上しています。

DSP: Hexagon 685

デジタルシグナルプロセッサ(DSP)として、Hexagon 685 DSPを搭載しています。
これは、Snapdragon 845 同じになります。

ISP: Spectra 250

ISPとして、Spectra 250 を搭載しています。
Spectra 250は、シングルカメラで25メガピクセル、デュアルカメラ16メガピクセルをサポートします。
また、4K動画撮影時の消費電力を大きく削減しています。

モデム: X12

モデムとして、Snapdragon 660 と同じ、X12 を搭載しています。
X12 は、下り最大600Mbpsの通信が可能となります。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク