chop

chopは、文字列の一番後ろの文字を取り除く関数です。
一番後ろの改行を取り除きたいときは、chopではなくcompを使いましょう。

chopの概要

関数名 chop
処理 文字列の一番後ろの文字を取り除く
引数 文字列 | 配列
戻り値 取り除いた文字

chopの書式

取り除いた改行コードの数
   = chomp(文字列 | 配列)

chopの解説

引数が文字列の場合は、引数の文字列より一番後ろの文字を取り除き、取り除いた文字を返す。

引数が配列の場合は、配列の全ての文字列より一番後ろの文字を取り除き、最後の要素の取り除いた文字を返す。

chopの使用例

例1

[chおp_1.pl]

#!/usr/bin/perl
$str1 = "abcdefg\n";
$str2 = "1234567";
$c1 = chop($str1);
$c2 = chop($str2);
print "1 $str1 --- $c1\n";
print "2 $str2 --- $c2\n";

実行例

>./chop_1.pl
abcdef --- g

例2

[chop_2.pl]

#!/usr/bin/perl
@list=('abcd', 'ABCD', '1234');
$c = chop(@list);
foreach $i(@list) {
    print "$i\n";
}
print "($c)\n";

実行例

>./chop_2.pl
abc
ABC
123
(4)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする