栃木レザーのパスケースのメンテナンス

「栃木レザー 手縫い 二つ折りパスケース 定期入れ」「アンティーク調 栃木レザー 手縫い 二つ折りパスケース 定期入れ」のメンテナンスについてご紹介します。
メンテナンスを行うことにより、永くお使いいただき、自分だけの革へと育てることができます。

栃木レザーとは

栃木レザーは正確にいうと革の名前ではなく、革を作る会社(タンナー)の名前です。
栃木レザー株式会社が作る牛ヌメ革、牛アニリンヌメ革のことを、一般的に「栃木レザー」と呼ばれているようです。

栃木レザーは、タンニン鞣し革の仲間です。
世界に誇る日本産の革で、丈夫さと革らしさが特徴ではないかと思います。

一般に、物は使えば使うほど古くなり劣化し、やがて壊れてしまいます。
しかし栃木レザーをはじめ多くの種類の革は、使えば使うほど美しさを増し、育ってゆきます。
栃木レザーの製品には、革を育てる楽しみがあります。

普段のメンテナンス

タンニン鞣し革は、植物の渋を使って皮を革に変えたものですが、特徴として、時が経つにつれ、艶が増し色が濃くなってゆき(経年変化)、自分だけの革に育てていくことができます。

そのためには長くお使いいただく必要がありますが、下記2つのことに注意する必要があります。

・水にびしょびしょになるほど濡らさない
 もし濡らしてしまったら、乾燥後、革用クリームやオイルで、油分を補充してあげてください。ただし、濡れた部分がシミになったり、ふやけてしまったりすることがあります。

・カラカラに乾燥させない
 タンニン鞣しの革は、極度の乾燥(オイル抜け)が大敵です。この状態になると、革の強度がなくなり、ひび割れてしまったり裂けてしまったりしてしまいます。数か月から1年に一度程度でいいので、革用クリームやオイルで、油分を補充してあげてください。

ただ、あまり神経質になると疲れてしまいますので、本当にたまにでいいので気をかけてあげればよいと思います。実は毎日さわってあげることで、手の油によりケアになっていたりします。

お勧めのケア用製品

クラフト社 ニートフットオイル

油分を補えます。このオイルは、革がグングン吸い込むので本当に少量をティッシュなどに取り、薄く塗るようにしてください。塗りすぎるとシミになってしまいますので気を付けてください。

塗ることにより色が濃くなり、経年変化を早める効果があります。

クラフト社 レザーワックス

革に薄い膜を作り、艶を与え、保護します。若干の撥水効果も得られます。とても美しい仕上がりが期待できます。

スポンサーリンク
広告