べっちさんの隠れ家
べっちの、べっちによる、べっちのための、不定期更新・無テーマのブログです。
ブログ内検索

新着アーカイブ
▼新居に引っ越し
(2017/12/14 19:43)
▼zuk z2 スクリーンパネル交換
(2017/12/12 08:51)
▼zuk z2 にAndroid 7.1を焼く
(2017/11/24 09:33)
▼コピペ神ツール
(2017/10/10 17:48)
▼Excel リンクの解除ができない件
(2017/10/3 08:58)
▼log4netでイベントログが書き込めない場合の対策
(2017/9/21 11:00)
▼Xymon(Hobbit) Clientから監視結果がXymon Serverに送られない場合
(2017/9/15 16:12)
▼おすすめの紳士靴(ビジネスシューズ)のメーカー
(2017/9/5 16:23)
▼AIが発達し続けると...そこに何が生まれると思いますか?
(2017/8/7 10:25)
▼都市銀行の住宅ローン返済中の方向け 簡単にローンを100万円単位で軽減する方法(借り換えの話じゃないよ)
(2017/3/6 11:35)

スマホ超節約ライフ



 
富士山(2) 空翔ける弁当
富士山の話の続きです。

今回はちょっと長めですが、とりあえず最後まで読んでやってください。


高山病にかかると、ドラクエで言えば毒状態である。

歩けば体力減るし、休んでいても体力が減る。(←ドラクエは休んでいれば減らないが)

例えば風邪でだるいときは動きたくないが、今は本当にだるいのに歩かなければならない。

それでもなんとか8合目の山小屋までたどり着いた。

その山小屋は想像を絶するぐらいひどいところで、簡単に言ってしまえば広い屋根裏部屋に布団が敷き詰めてあって、そこに何十人もの人が寝る感じ。

一人あたりのスペースは、布団一枚の縦半分ほどである。

しかも7000円!

普段なら「味があっていいな」と思うかも知れないが、高山病状態の私にとっては、息苦しくて泣きたいぐらいだった。

家が恋しくなった。

お腹は空いているはずなのに、ご飯はのどを通らないし、無理やり食べたら吐き気がくるし。

実際に吐くために便所に駆け込んだ。

あまりの臭さに、入った瞬間に吐いた。

後処理をしようとしたが、なんと水が流れない。

富士山では水は貴重であるので、もともと流れないようにできているのだ。

水の変わりに少量の泡が出てきた。

んなもんで流れるかっちゅーの!

仕方ないのでほっといた。

すっかり夜になった。
「なんかすずしくなってきたな」とは思ってはいたが、そのころには耐えられないほどの寒さになっていた。

昼間はTシャツ1枚でいられるぐらい暑かったのに、何でこんなに寒いの?

富士山に来る前はこの寒さは想像していたが、登っている間は夢にも思わなかった寒さだ。

はっきり言って、来る前の想像をはるかに越えるものだった。

寒い、だるい、きもち悪い、頭痛い……。

泣きたかった。

日の出を見るのが目的だったので、朝(?)2時に起きて、暗闇の中、登山を続けることになっていた。

2時の寒さは半端ではなかった。

気温2度。

「たいしたことないじゃん」と思うかも知れないが、今は夏である。

ある程度の装備はしているものの、真冬の装備ではない。

ほとんど寝てない、寒い、だるい、きもち悪い、頭痛い……。

帰りたかった。

体調はいつもの10%。

それでも登り始めた。

山小屋を出るときに、弁当を受け取った。

この弁当こそが今回の主人公である。

そして1時間半ほどで9合目にたどり着いた。

みんな体力の限界である。しかも下山する体力も残しておかなければならない。

誰もが「これまでか……」と思っていた。

とりあえず9合目の休憩所で休むことにした。

とりあえずおでんを食べて、温かいものを飲んで。

暗い、風が強い、寒い、だるい……、あれ?そういえば少し体力が回復しているような……。

おでんもおいしく食べられたし、スープもおいしかったし……。

今思えば、本当においしかった。

私はなぜか実際に体力が回復し始めていた。

うすい空気に体が慣れてきて、高山病が治り始めていたのかも知れない。

ここでGさんに悲劇が起きた。

なんと目にゴミが入ってはずしたコンタクトが、風で飛ばされてしまったのだ。

あんな強風の中、屋外でコンタクトをはずすのはアホである。

Gさん「さ、3万円が〜!」

長いこと休みすぎてしまった。

それでも山頂を目指すことにした。

しかし残念なことに、ここで1人脱落者が出てしまった。

なんとリーダーである元山岳部のU君だ。

バツとして、彼にはもう一度富士山に登ってもらおう。

なんとしても頂上で日の出を見たかったが、頂上に向かう途中、日は昇り始めてしまった。

少し悔しかったが、それでも感動の方が大きかった。

雲海、大きな太陽、くっきりと映る山の影。

言葉で景色のすばらしさを伝えるのは難しいねぇ。

日は昇ってしまったが、とりあえず頂上を目指した。

そして頂上に着くと同時に弁当を食べる場所を探した。

風よけになる岩の陰に座り、弁当を開けた。

「大きな仕事をやりとげた満足感の中食べる弁当は美味いんだろな」

そして弁当の一口目を食べようとしたその瞬間、思わぬ突風が吹いた。

そして私の弁当は、この話のサブタイトルになった……。

弁当はなくなったが、下山という任務は残った。

つづく。

 http://bech.dum.jp/blog/archive_5.htm
コメント(0) / トラックバック(7)過去の小話
コメントを書く
名前
MAIL
URL
本文
コメント
トラックバック
トラックバック元: rSfnRynr
[rSfnRynr] 2013/07/22 10:03
--
トラックバック元: louis vuitton outlet store chicago
[louis vuitton outlet store chicago] 2013/07/28 16:03
べっちさんの隠れ家 - 富士山(2) 空翔ける弁当
トラックバック元: VTVNNSlD
[VTVNNSlD] 2013/07/28 16:21
--
トラックバック元: MYQemBXp
[MYQemBXp] 2013/07/28 16:22
--
トラックバック元: tOfIvCDS
[tOfIvCDS] 2013/07/28 16:22
--
トラックバック元: yfEWLaKV
[yfEWLaKV] 2013/07/28 18:39
--
トラックバック元: mbt shoes online
[mbt shoes online] 2013/08/03 15:09
べっちさんの隠れ家 - 富士山(2) 空翔ける弁当 oislhfe bgavxre rxbdwybj ajrdgwhzx trhwfzsfo rwwgdf

カテゴリー
日記(46)
どうでもよい小話(4)
過去の小話(9)
過去の楽天ブログ(3)
おでかけ(4)
海外出張(12)
ダイエット(7)
サイト紹介(5)
商品紹介(1)
データベーススペシャリスト(10)
情報セキュリティスペシャリスト(15)
タダでいただき!(3)
okaokaayayaさんのドラクエねた(7)
中等教育学校(3)
Linux(9)
Windows(17)
Linux - CentOS 7(2)
VMware ESXi 5.0 on D525MW(4)
Android(9)
東野圭吾(1)
モバダビ(11)

月別アーカイブ
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(2)
2017年09月(3)
2017年08月(1)
2017年03月(1)
2017年01月(3)
2016年12月(6)
2014年09月(1)
2014年01月(1)
2013年06月(3)
2013年05月(1)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年10月(3)
2012年08月(1)
2012年04月(3)
2012年03月(4)
2012年01月(1)
2011年12月(1)
2011年11月(2)
2011年10月(2)
2011年09月(2)
2011年08月(2)
2011年07月(1)
2011年06月(7)
2011年02月(1)
2010年11月(2)
2010年09月(1)
2010年08月(7)
2010年07月(4)
2010年01月(2)
2009年12月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(5)
2009年09月(16)
2009年08月(8)
2009年07月(8)
2009年06月(12)
2009年05月(1)
2009年04月(1)
2009年03月(4)
2009年02月(21)
2009年01月(7)
2008年12月(3)
2008年11月(7)
2008年10月(10)